「存在についての科学的声明」とヨハネの第

存在についての科学的声明

物質には、生命も、真理も、知性も、実質もない。すべては、無限の心であり、それが無限に具現されたもである、なぜなら神が“すべてにおけるすべて„だからである。霊は不滅の真理である;物質は滅びる誤りである。霊は実在のもの、永遠のものである;物質は実在ではなく、一時的なものである。霊は神である、そして人は、神の映像であり、似姿である。したがって、人は物質的ではない;人は霊的である。

メリー・ベーカー・エディ著『科学と健康ー付聖書の鍵』、p. 468




関連聖句

わたしたちが神の子と呼ばれるためには、どんなに大きな愛を父から賜わったことか、よく考えてみなさい。わたしたちは、すでに神の子なのである。世がわたしたちを知らないのは、父を知らなかったからである。愛する者たちよ。わたしたちは今や神の子である。しかし、わたしたちがどうなるのか、まだ明らかではない。彼が現れる時、わたしたちは、自分たちが彼に似るものとなること知っている。そのまことの御姿を見るからである。彼についてこの望みをいだいている者は皆、彼がきよくあられるように、自らをきよくする。

ヨハネの第一の手紙 3:1–3